遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可
            

遺言執行者とは


 遺言の内容を実現するために選定された者(相続人の代理人)のことをいいます。
遺言の執行は、相続人自身で行うことができます。しかし、相続人が複数いて、相続財産が多数あるような場合に、それぞれの財産の処分ごとに相続人全員が関与(書類への署名押印、手続への立会い等)をすることはとても面倒です。

 そこで、遺言の内容をよりスムーズに実現できるよう遺言執行者という制度を設けています。
遺言執行者は、相続人の代理人とみなされ、遺言の執行に必要な一切の行為をする権利・義務を有してます。

 遺言執行者がいれば、相続人全員で遺言執行のための手続を行う必要はないのです。
遺言執行者は相続人等以外
の利害関係のない第三者や、行政書士などの専門家に依頼したほうが良いでしょう。

 なお、遺言の内容を実現するために、すべてのケースで遺言執行者が必要となるわけではありませんが、法律上
遺言執行者が必要とされるケースがあります。

 それは遺言によって子を認知する場合及び推定相続人を廃除(及びその取消し)をする場合です。




トッページに戻る

 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.