遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可


相続財産とは

 人が亡くなって相続が開始すると、相続人は亡くなった方の一切の権利義務を引き継ぐことになります。
遺言書を作成するのに、何が相続財産に含まれるか含まれないか確認することが重要です。

 以下に相続財産の例を挙げます。

・ 土地建物などの不動産
・ 現金、預貯金
・ ゴルフ会員権等の有価証券、商品券
・ 美術品、自動車

  権利・義務などの財産
・ 賃借権(土地や、建物を有料で借りることができる権利)
・ 債権(知人にお金を貸しているときなど)
・ 株式
・ 債務(ローンなどの借入)

 特に、債務というマイナスの財産も一切が相続されるということは注意が必要です。
また、賃借権が相続されるということは、家を借りていた人が亡くなっても、一緒に住んでいた人に賃借権が相続されれば、相続人は賃料を納めて住み続けることができるということです。
 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.