遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可
            

公正証書遺言とは


 公正人に作成依頼し、証人2人以上の立会いのもとで作成する遺言書。
公正証書遺言は公証人に作成を依頼し、証人2人以上を準備する必要があるなど、手間、時間、公証人に支払う手数料がかかってしまう。

 しかし、専門家である公証人が遺言書を作成するため、方式の不備で無効となったりする可能性はほとんどありません。
また、公証人が遺言者に遺言能力があるかを確認するので、後に遺言能力がなかったと争われる可能性も低くなります

 遺言内容が実現可能であるかも公証人が検討するので、遺言内容を実現するという点では非常に確実性が高いと言えます。作成された遺言書の原本は、公証役場において保管されますので、紛失や改ざんの心配もありません。

 また、相続人など利害関係を有する人は、全国どこの公証役場においても、亡くなった人が遺言書を作成していたのか検索できますので、相続人が遺言書の存在を調べてくれさえすれば、必ず相続人に発見してもらえます。

 遺言者が病気等で動けない状況であれば、公証人に自宅や病院に出張してもらうこともできます。
費用は多少かかりますが、安全、確実性を考慮すると、公正証書の方が望ましいといえます。

トッページに戻る
 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.