サイトマップ                                               岐阜県中津川市本町1-1-7

 相続・遺言専門おぐり行政書士事務所   
 
 営業時間 AM9:00〜PM18:00        電話 0573-66-6313     
 HOME事務所概要 メール無料相談 お問い合わせ 費用    

遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可






Clip to Evernote

 
 

建設業許可が必要な場合

建設業には建設業法という法律があります
注意が必要です

建設業許可
 
建設工事の完成を請け負うことを営業するには、その工事が公共工事であるか民間工事であるかを問わず、建設業法第3条に基づき建設業の許可を受けなければなりません。
 ただし、「軽微な建設工事」のみを請け負って営業する場合には、必ずしも建設業の許可を受けなくてもよいこととされています。
 
*ここでいう「軽微な建設工事」とは、次の建設工事をいいます。
 
@建築一式工事については、工事1件の請負代金の額が1,500万円未満の工事または延べ面積が150u未満の木造住宅工事

●「木造」…建築基準法第2条第5号に定める主要構造部が木造であるもの
●「住宅」…住宅、共同住宅及び店舗等との併用住宅で、延べ面積が2分の1以上を居住の用に供するもの
 
A 建築一式工事以外の建設工事については、工事1件の請負代金の額が500万円未満の工事

許可の区分

1.大臣許可と知事許可
 建設業の許可は、次に掲げる区分に従い、国土交通大臣または都道府県知事が許可を行います。
 
[1]二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業しようとする場合・・・国土交通大臣
*本店の所在地を所管する地方整備局長等が許可を行います。
 
[2]一の都道府県の区域内のみに営業所を設けて営業しようとする場合・・・都道府県知事
*営業所の所在地を管轄する都道府県知事が許可を行います。
 
 「営業所」とは、本店または支店もしくは常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいいます。また、これら以外であっても、他の営業所に対して請負契約に関する指導監督を行うなど、建設業に係る営業に実質的に関与する場合も、ここでいう営業所になります。ただし、単に登記上本店とされているだけで、実際には建設業に関する営業を行わない店舗や、建設業とは無関係な支店
、営業所等は、ここでいう営業所には該当しません。
 
 上記のとおり、大臣許可と知事許可の別は、営業所の所在地で区分されるものであり、営業し得る区域または建設工事を施工し得る区域に制限はありません。(→例えば、東京都知事の業者であっても建設工事の施工は全国どこでも行うことが可能です。)
 
 なお、許可の申請等の手続きに関するお問い合わせは、許可を受けようとする行政庁(次の「許可行政庁一覧表」参照)へ直接、お問い合わせ下さい。
 
2.一般建設業と特定建設業
 建設業の許可は、下請契約の規模等により「一般建設業」と「特定建設業」の別に区分して行います。 この区分は、発注者から直接請け負う工事1件につき、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上となる下請契約を締結するか否かで区分されます。
 
発注者から直接請け負った1件の工事代金について、3,000万円(建築工事業の場合は4,500万円)以上となる下請契約を締結する場合 特定建設業の許可が必要です。
 
上記以外 一般建設業の許可で差し支えありません。
 

*発注者から直接請け負う請負金額については、一般・特定に関わらず制限はありません。

*発注者から直接請け負った1件の工事が比較的規模の大きな工事であっても、その大半を自社で直接施工するなど、常時、下請契約の総額が3,000万円未満であれば、一般建設業の許可でも差し支えありません。

*上記の下請代金の制限は、発注者から直接請け負う建設工事(建設業者)に対するものであることから、下請負人として工事を施工する場合には、このような制限はかかりません。 
3.業種別許可制
 建設業の許可は、建設工事の種類ごと(業種別)に行います。
 建設工事は、土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事のほか、26の専門工事の計28の種類に分類されており、この建設工事の種類ごとに許可を取得することとされています。
 実際に許可を取得するにあたっては、営業しようとする業種ごとに取得する必要がありますが、同時に2つ以上の業種の許可を取得することもできますし、また、現在取得している許可業種とは別の業種について追加して取得することもできます。建設工事の種類、工事内容及び許可業種の分類については、こちらの表をご覧下さい。
4.許可の有効期間
 建設業の許可の有効期間は、5年間です。
 このため、5年ごとに更新を受けなければ許可は失効します。
 なお、この更新の申請は、従前の許可の有効期間が満了する30日前までに更新の申請を行うことが必要です。





メール無料相談実施中

当事務所ではメール無料相談を実施しております。初回無料となって
おりますので、ぜひご利用ください。

遺言書の書き方を指導させていただく遺言書添削コースあります。
岐阜県 東濃地区を中心に下記の地区に対応いたします。

中津川市、恵那市、瑞浪市、土岐市、多治見市、可児市、美濃加茂市、
各務原市、岐阜市、関市、下呂市、
春日井市、名古屋市、瀬戸市、小牧市、犬山市、尾張旭市、豊田市、
みよし市、東郷町、日進市、豊明市、刈谷市、
南木曽町、木曽町、飯田市、駒ヶ根市、伊那市

 
 

免責事項
当サイト内の情報はあくまでも遺言書作成の参考であり、自己責任でお願いいたします。
 当サイトの利用に伴って発生した不利益や問題について、当サイト管理者は何ら責任を負いません

 

Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.