遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可

            

自筆証書遺言作成業務


 自筆証書遺言は費用が安く、手軽に作成できる反面、法律に定められた方式によらないと無効になってしまいます。
現実に遺言者ご本人が自筆で書かれた遺言書が相続手続きに使用することができず、改めて相続人全員で遺産分割協議をするケースもあります。

 遺言書を作成する時は、相続手続をいかに安全で円滑にすすめられるかという面が非常に大切です。
費用を抑えて遺言書を作成したことまでは良いのですが、いざ相続が開始した時に遺言書の内容に不備があったのでは
もともこうもありません。

 費用が少なく手軽に作成できる自筆証書遺言書を有効なものとするため、当事務所では、添削指導コース(添削指導のみ)とフルサポートコース(相続人の調査含む)をご用意しております。




〇添削指導コース(添削指導のみ)
    
  遺言者ご本人が自筆された遺言書または下書きを当事務所が添削指導するコースです。




〇フルサポートコース(相続人の調査含む)

  当事務所で戸籍などから相続人を調査し、遺言者ご本人のご意向をもとに作成した原案作成する。その原案をもとに遺言者ご本人に清書していただき遺言書を作成するコースです。

トップページ戻る
 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.