遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可

            

自筆証書遺言の作成方法


1 全文自筆で書く
  
  遺言書のタイトル、本文、作成日付、署名など全文を自筆で書く必要があります。必ず全て自筆で書く必要があ ります。
  パソコン使用は厳禁です。


2 日付、署名、押印は特に注意が必要

  遺言書の末尾に作成年月日、署名、押印は必ず必要です。日付の記載の仕方は「平成〇〇年〇月〇〇日」と 明確にしましょう。決して「平成〇〇年〇月吉日」と書いてはいけません。
  押印は認印でもかまいませんが、できれば実印にしたほうがいいでしょう。


3 加除訂正の方法

  書いた遺言書に書き間違いなどがあって、訂正したい場合注意が必要です。加除訂正の方法が法律で厳格に 定められており、その方法に従わなかった場合無効となる可能性があります。
  そのような場合は新しい紙に新たに遺言書を書き直し、間違って作成した遺言書を破棄しておくことをおすすめ  します


4 遺言執行者を指定する

  遺言執行者とは遺産の管理処分を行う権利・義務を有しており、遺言の内容を執行する人のことをいう。
  遺言執行者を指定することで、相続手続がスムーズに進みます。


5 作成した遺言書は改ざん、汚損等を防ぐためにも、封筒に入れて、遺言書である旨を記載しましょう。
   
  封筒のとじ目に遺言書で使用した同じ印鑑で封印を押しておきましょう。また、「開封前に必ず家庭裁判所に提 出してください」と書いておくと良いでしょう。なぜならこれに違反して、家庭裁判所以外において開封した者には、 過料の制裁があるからです。

トップページへ戻る
 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.