遺言書関係
HOME
遺言書の種類
遺言書が特に 有効なケース
自筆証書遺言書 の作成方法
自筆証書遺言 作成業務
公正証書遺言とは
公正証書遺言 作成業務
相続財産とは
遺言執行者とは
検認手続きとは
遺言書ご依頼


遺産分割協議書
遺産分割協議とは
相続人の確定
相続手続必要書類
遺産分割方法
遺産分割協議書書式
相続登記手続
遺産分割ご依頼


その他
事務所概要
プロフィール
アクセス
メール無料相談
お問い合わせ
お客様の声
費用
リンク集  
特定商取引の表示
中津川市車庫証明
中津川市農地転用
建設業許可
            

遺言書の種類




1 自筆証書遺言  全文自筆で書面にし、署名及び押印をすることにより作成する遺言書。
2 公正証書遺言  公証人に作成を依頼し、法律により定められた方式により作成する遺言書。
3 秘密証書遺言  遺言の内容の秘密を守りながら、作成に公証人と証人2人以上を関わらせる
            ことによって、遺言したことを明確にできる遺言書。



                         遺言書比較

 自筆証書遺言   公正証書遺言 秘密証書遺言 
作成方法  自筆で書面作成。
日付、署名・押印必要
 公証人が遺言者の口述を
筆記。
 遺言者と証人2人以上が
内容を確認。
 遺言者と証人2人以上が
署名押印(遺言者は実印)
書面作成(自筆でなくても可)。
遺言者が遺言書に署名・押印し、
遺言書に用いた印章で封印。
遺言者が公証人と証人2人以上の
前に封書を提出。
 公証人が提出日、本人の遺言書
であること、本人の氏名住所を封書
に記載した後、封書に遺言者と証人
2人以上が署名・押印
 費用  不要  公証人の作成手数料  公証人の手数料
 証人  不要 2人以上の証人  2人以上の証人
 保管方法  任意  公正証書として公証役場
で保管
 任意
 検認手続  必要  不要  必要
 おすすめ  〇おすすめ  ◎特におすすめ  △あまりおすすめでない



 

           自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット・デメリット

  自筆証書遺言   公正証書遺言 
 メリット ・自分1人で簡単に作成できる
・費用があまりかからない
・遺言書の存在と内容を秘密にできる
・方式の不備で無効となるおそれがない
・内容実現の確実性
・遺言能力等で争われるおそれが低い
・紛失や改ざんのおそれがない
・相続人が遺言書の存在を検索できる
・家庭裁判所での検認が不要
 
 デメリット  ・方式の不備で無効となるおそれ
・内容の解釈が問題となるおそれ
・相続人間で遺言能力等が争われるおそれ
・紛失や改ざんのおそれ
・遺言書が発見されないおそれ
・家庭裁判所での検認が必要
 
・公証人への依頼や証人の確保など
 手間がかかる
・費用がかかる
・公証人と証人に内容が知られてしまう 
  


                         トップページへ戻る
 サイトマップ   Copyright (C) 2010  相続・遺言専門おぐり行政書士事務所  All Rights Reserved.